1995-1984

多分、ここ最近では1番の問題の年1995年
何故、書籍が出る程「分岐点の年」と言われたのか、その背景と闇を軽く見てみよう

ベテルギウス消滅のデマ

1年間かけて噂されたベテルギウス消滅の話
本来の輝きが見られなかったのは「2017年」最初にSNSで呟いた時「オリオン全体が暗い」と
もちろん、リゲルも暗かった
オリオンとは、意外に世界中に信仰がある。これはギョベクリ・テペからホピ族まで

日本では天皇家がオリオン崇拝だ
令和誕生日と天皇即位の儀の日、ここにもオリオンと密接な関係がある

まあ、実際に天体は暗くなっていたが。消滅は絶対にありえなかった
それでも、「消滅」と噂を流すだけでも、「オリオンの星の力」と言うものは弱められる
これが神の星地球の神秘な所。古来より、星と密接に過ごしてきた魔法とでもいおうか
「星座」「星占い」これにも見られる様に「星のバランス」が我々人間を弱める意味合いもある

なら何故「人間」を弱める必要があったのか

そこの「裏」をみればいいだけ サワニ



猿と1995、ウイルス

ラボばくはつ

このイルミナティカード。内容は「ラボ爆発」研究所の爆発を示唆した物
問題は「形」ではなく、左上の「猿」が重要になってくる

猿、研究、パンデミックで検索すると出て来るのは「多数の映画」
その中でも、12モンキーズとアウトブレイクは有名だろう

問題は「どちらも1995年と猿、ウイルス」
他にも書けないが、この年の出来事と言えば有名な事もある
そこから紐解いていけば、色々な物が見えてくる

1995えいが

1995年は「人類の分岐点」と言われる程の年である事には間違いない
書籍を出している人がいる程
その理由は

ウイルス

このワードが多数なのは代表的
・地下鉄サリン事件
・ウイルス系の映画が続出

そしてWindows95の発売で、機械の世界がグンと近づいた
コンピューターウイルスが知れ渡ったのも、この95年