ルシファーリゲル兎命 出会い

オリオン人との出会い

初めての出会いは「3歳」の時でした。

夜中に寝ていると、外から呼ばれる声がして
そして玄関を出てすぐ目の前の道路にフラフラっと

そしてら、空には大きなオリオン座が光輝いていた
その空に現れたのが

ウルトラマン

夢みたいな話でしょ、でもね
他にも、俺のすぐ横に老人が立っていた
その老人もね、ニコニコと笑顔でウルトラマンと会話している感じだったんだ

そしたら、ウルトラマンが俺に話しかけて来たんだ

【あなたはリゲルの子】

ねえ、そんな事より僕はお母さんに会いたいんだ

【大きくなったら会えますよ】

大きくなったら探しやすいもんね

【その大きくではなく、大人になったら、時は来ます】

【貴方は運命の子、これから様々な試練が待っているでしょう
それに耐え、乗り越える時、運命は来ます】

ねえ、何言ってるかわからない

【大丈夫です、そのうち、そのうちにわかります。
あなたはとても強くなれます。】

ウルトラマンより強くなれるの?

【ええ、もちろんです。あなたには兎が付いてます】


僕、うさぎなんて飼ってないからいないよ


【それも時期にわかります。うさぎが導いてくれます】


もう家に戻ってもよい?


【もし、辛い時、苦しい時、悲しみの時
空を見なさい いつでも、空にいます
あなたはリゲルの子。きっと乗り越えられるでしょう】


これが初めての会話だった

なんで3歳の記憶があるのかわからないけど
鮮明に覚えていて、夢じゃないのもあととわかってね
この老人。ずっと笑顔で、俺の人生に度々に出て来るんだよね

ウルトラマンではなかった

ずっとね、ウルトラマンだと思ってた
あとは翼の生えているのも覚えていてね、記憶ではサイトのTOP画と混合していてさ
でも、そうじゃないのが2020年にわかった

ずっと具合悪くしていてね
お寺で座禅を組んでいた時に

弥勒菩薩が現れたんだよね

この会話の内容はこの動画

弥勒菩薩 369.666.567 今この世界で始まっている破壊と再生

他にも、幼少期の話しは沢山あるんだけど
時間を見てかくよ
あとね、これだけ
6感を持ってから7感に移るからね
それだけは覚えていて