今までの仮説を立てる

シーズンを振り返り、今までの流れを簡単にまとめよう

これはあくまでも「仮説」と言う事を念頭に置いて欲しい

古代のオリオン人

オリオン人

彼等は地球の人類に英知を与える為に、オリオン座のリゲルからやってきた
容姿は巨人で、翼の生えた天使

だが、古代人は情報も知識もない民族
それが「鳥」に見えたのだ

あらゆる国々に渡り、集落の場所や文明などを教えて来た
そして、最後に日本に渡る事に

日本には「契約の箱」に入り、イスラエル12支族と渡ってきた

オリオン人の宝

そして、三種の神器などと共に日本へ
天照大御神に会い、オリオン人などはすぐに行動に出る

天照大神を卑弥呼と名乗らせ、アドバイスや助言をし
争いばかりの日本を落ち着かせた
特に日本は特別で、ハプログループDを守る為に
イスラエル種族と共に、陰ながら日本を支えた

その後も、人々を恐れさせない為に
聖徳太子や天皇などの影になり、日本を指揮していった

オリオン人とは別に、イスラエル人も活躍していった
彼等は「咫烏」と名乗り
オリオン人を崇拝して、背中に翼をつけて
手にも羽根を持ち、全国を回って行った

天狗とオリオン


神社の建設、オライオン、ライオンを称えていたイスラエル人は
神社にも、ライオンに似たシーサーや狛犬を作りながら

彼等はいつでも影の存在になり、いつしか「秘密結社」と言われる様になっていった

秘密結社とオリオン人

そして、彼等は
その証に、各所にキーワードの「8」を刻んで行ったのだ

だから、彼等を追うには「8」を辿れば、いずれ出会うだろう

さあ、扉を開けて出かけよう