鳥人メッセンジャー

過去のオリオン伝説を見直して

オリオン人のメッセンジャー

 

今までのオリオン伝説でご紹介してきた「メッセンジャー」
シーズン1から見ていない人は、是非、1から見る事をおすすめします

オリオン人=巨人=天使=翼が生えている
そして=鳥=人類を導く存在そして

権力者の側近に仕える

いい、これは《フィクション》だからね。

オリオン人を紐解いてくると必ず出てくるキーワード

 

鳥人

 

まあ、彼等には翼が生えているから致し方ない事
もし、みんが天使を知らないで、天使をみたらどう思うかな?
多分「鳥人」だよね
それが世界各地に残されているだけ

そして、前回に公開した

 

卑弥呼と聖徳太子

 

問題はここ
何故なら、私達は日本人。ならば日本をまず知らないと

「東の空から・・・」
「法隆寺の銅像」

これを徹底追求していくと、面白い繋がりが出てくる
これが今回のシーズン7
少し長いお話になるけど、お暇な時に読んでみてくださいね

そして今回の最大のキーワードが2つ

 

ユダヤ

八咫烏



知っている人はもう知っているよね
日本の秘密結社「八咫烏」
では何故、秘密結社なのか

そして「カラス」「鳥」なのか