人類の起源、オリオン座から地球の生命はもたらされた都市伝説をおだけんが独自に分析する

オリオン座のリゲルから人類は創生された

season1

オリオン座のリゲルから人類は創生された

冬の星座と言えば、日本では「オリオン座」が有名でしょう

左上に赤く光るは「ベテルギウス」この星はもう寿命が来ている。
642.5光年離れているベテルギウス、今見ている赤い光は642年前の光
現在はもう爆発して、無くなっている可能性は大き。


ベルトに当たる部分は「三ツ星」これもまた、様々な言い伝えが存在している

でも知って頂きたい。重要なのは《リゲル》

小田原の都市伝説キラー小田原検索.COM

ある記憶

幼少期から不思議な能力を持っていたおだけん。その能力とは
「死神」が見えていました。親戚のお坊さんの話だと、それは

《虫の知らせ》と言うそうです。

でも今回のとは少し違うので、また今度お話致します。

そんな不思議な幼少期を送っていた私は、ある時、気づくと「記憶」がありました
正直に自覚したのは「小学校2年生」の時
それまでは、その記憶に対して意識していなかった
別に「普通」の事と捉え、考えても居なかったが。ある時、この話を人に話してから

《この記憶はおかしいのかな?》と思いはじめました

いつ知ったの?と言われてもわからない
夢で見たの?それもわからない

みんなで言う、リンゴっていつ知ったの?と同じくらい
気づいたら知っているし、食べているし、リンゴはリンゴで不思議ではない
そんな感覚でしかなかった。


記憶の内容

面倒くさく書くのはウザいので、率直に書きます

『リゲルに住む知的生命体の名前は《メルディー》
彼等はリゲルを「マーズ」と呼んでいます。
彼等は時空を曲げる事で瞬間移動ができ、その移動先の1つが火星
火星を新たな拠点とするが、この星に隕石の衝突が
大体のメルディーは避難し、リゲルに戻るが1部が地球に向かう』

その後、人間を創生し、火星が落ち着いたら
火星を行き来する(リゲルに帰る為)

そして、火星も「マーズ」と呼んでいた。
青い星リゲルから、青い星、地球を作っていく』


これが既に小学校2年生の自分が話していた
それだけでも《末恐ろしい》事だと思う。

人からは「何らかのTVを見て影響されたんじゃないか」と
まあ自分にはわからないとしか言い様がない
それが確かに記憶にあるし、影響と言われ否定もできない

「リゲルはどんな所?」これも正直にわからない
ただ、火星から地球に来たのはわかる。今で言う伊豆諸島に来た
そして、火星で悲しんでいるメルディーも沢山いた

「メルディーはどんな姿?」それもわからない
ただ感情はあった。リゲルに避難する時に地球に向かうと言ったら
凄く激怒されたのは覚えている。
悲しんでいるのも居た





これが信じようと、信じまいと
おだけん自分自信の記憶だから何も言いようがない

小田原の事なら地域密着型のおだけんで

よく聞かれるのが、このおだけんマーク
火星の人面岩に似ている、モチーフにしたのと

これ全然関係ありませんww
おだけんの当初のマスコット「モアイ」をおだ《けん》のけんを犬とし

モアイと犬の融合がこのおだけんくんなのです
まぎわらしくてすみませんw


独自にリゲルを調べていく

では何故自分の記憶にこんな物があるのか
それに《繋がる物》は無いか、調べてみる事にしました。

あくまでも、科学的とかではなく、自分の感性とインスピレーションで調べています。