オリオン伝説シーズン・短編①

ギョベクリテペに隠された真実

ギョベクリ・テペとオリオン座

今回は少し違った《短編》としてオリオン伝説をご紹介しよう
忙しいあなたに、手軽にオリオンを知って頂く為にね♪

世界最古の遺跡「ギョベクリテペ」
あのピラミッドより7000年も前に作られていた建造物

今から12000年前に一体何があったのか!

みんな・・もうすぐだよ
彼等が現れるまでもうすぐだ
世界の宗教の価値観が変わる時代
オリオンの神現れる

彼等が帰ってくる準備を始めよう

そうする事で、メッセンジャーの役目は終わる

世界の中心となる日本
新元号「令和」の時代に変わる
それは「始まり」を意味する

自分が何故産まれたのか
どんな使命があるのか
モヤモヤしてわからない

それはね

きっと太古の記憶が脳に遺伝子により埋め込まれているから
それは決して忘れてはいけない
今の次元より上昇して、素敵な未来を描こう
必ず現実になり、素敵な日々が待っているから

愛と翼と共にあれ

今回の舞台《ギョベクリテペ》

今回の舞台《ギョベクリテペ》


ギョベクリ・テペ は、アナトリア南東部シャンルウルファの郊外の丘の上に在る新石器時代の遺跡。
遺丘の高さは15メートル、直径はおよそ300メートルに及ぶ。

地名は「太鼓腹の丘」の意。
標高はおよそ760メートル。
ドイツの考古学チームにより発掘調査が行われた。

ウィキペディアより

オリオン伝説 ギョベクリ・テペ