料金プランのご説明

必ず各プランをご確認ください

小田原で令和時代の新広告でマーケティングをしよう

料金プランのご説明を致します

①月額10000円コース
②月額 5000円コース
③月額 3000円コース

おだけんではあくまでも「地域活性化」が目的ですので、自社やお店にあったプランを無理なくお選びください
また、最初に言っておきますが、①10000円コースが通常になります
今回新たに、5000円プラン、3000円プランを追加しました

たくさんの小田原人の方がお気軽にご利用出来ますようにしております
是非、全プランをご確認ください

月額10000円プラン

確実なアプローチで小田原攻略を広告に致します

・Googleマップ掲載
・Twitter連動
・Facebook連動
・You Tube連動
・ホームページへのリンクの貼り付け
・画像20枚程度使用可能
・アイテムギャラリー
・求人掲載可能
・関連ページからのリンク誘導有り
・月々のお支払い 直回収又は銀行振り込
・SEO対策優遇処置

※上記ボタンを押してください

・月額10000円プラン
小田原を攻略する為には絶対に必要な所です
全国規模で見ても、特殊な町「小田原」と言われています
それは「観光地」でありながら「観光地」ではない

全国にアプローチをする手段があっても、近所にアプローチする手段がなかった



これが観光地特有の悩みでした。観光地と思われる為に、近所の広告でも「観光地価格」が発生してしまい
高額なモバイル広告料が取られてしまいます
かと言って、紙面での広告は「ほとんどが見ない」時代
新聞もインターネットで見る時代なので、折込広告も


郵便ポストにゴミ箱が設置されています

集合住宅には必ずゴミ箱が設置され、紙面広告も見られなくなった時代
何か探すのに「タウンページ」ではなく「スマートフォン」
モバイル対策は「10年前」の話で、今や「当然」の時代
またそれを気づきにくいのも「小田原の特徴」の1つかも知れませんね


小田原検索.COMにお任せください

まずはご自身でのリサーチも重要なのです

・モバイル広告社はいくらが相場か
・HPと求人は一緒にできる所はあるのか
・掲載店が検索に出てくるのか
・「キーワード」検索に出てくるのか

・本当に提示してある金額で済むのか!

小田原検索.COMでは「提示」が全てです。他社に関してはご自身でお調べください
こんなトラブルの方が小田原検索.COMを利用しています

・全然サイトを見られなく、見られる様に相談したら「別途料金」を請求された
・最初の価格だけでは「何もできなかった」
・ランキングサイトで「別途料金」でランキング上位表示しますとお金を請求された
・1レビュー「別途料金」が発生する事がわかった
・業種により料金がバラバラなので不公平だ

ほとんどが「別途料金」の問題を抱え、小田原検索.COMに来ます
これでは「大手企業」が残り、小さな店舗が生き残れない事になります

現在の小田原では「SDGs」を掲げていますが「真逆」な事が行われている
お金持ちしか生き残れない時代は「もう終わり」
令和の新時代に皆様を小田原検索.COMがお連れ致します


月額5000円プラン

小田原と箱根、南足柄や熱海で広告を出したいなら小田原検索.COMがおすすめです

・Googleマップ掲載
・Twitter連動
・Facebook連動
・ホームページリンク貼り付け
・画像7枚まで
・求人掲載可能
・月々のお支払い 銀行振り込みのみ
(領収書は後日お届けします)

※月額5000円プラン
特に「自社HP」が無い方や、取り敢えず「HP」を作って起きたい方におすすめです
検索だけに引っかかれば良い、気軽に広告に最適です

HPは信頼の証は当たり前の時代

ここを中々理解されていない方が小田原にはまだまだいますね

あなたの企業のHPは?「ありません」などと言ったらどうでしょう
こんな時代です
「本当に安心なのだろうか」
「黒い会社なのではないだろうか」

これが「常識」の時代です
それを防ぐ為にもホームページを作成しておいて
・住所の掲載
・連絡先の掲載
これが最初の「信頼」に繋がるわけです

HPは誰でも見れる「信頼の名刺」に変わるのです


月額3000円プラン

無料でマーケティングはもう効果はない 小田原検索.COM

・画像3枚まで
・月々のお支払い 銀行振り込みのみ
(領収書は後日お届けします)

お金を払ってマーケティングを身近に

まだこんな事を言っていますか?

・無料で広告すれば良い
・SNSがあれば大丈夫
・お金を掛けずにやれる事だけやる

長年ネットの世界に精通していますが、これはもう「10数年前」の話です
もう令和になっていますよ
その証拠にSNSを見てください

・付き合いの「いいね」だけを押して内容を見ない
こんな経験、みんなしていますよね

・いいね集めだけの「おかしな動画」が大いに流行る時代

新規アプローチの為のSNSではなく「顧客」の為のSNSです
これはうまく使い分けないと、取り返しのつかない事になります

まずは気軽に「お金を払ったマーケティング」を身近に体験する事です

きっと世界が激変します

ネットへの広告掲載が「集客」の為だけではない事が見えるでしょう
先にも話しましたが、信頼の部分でも大きく変わります

これが「お金を使った」マーケティングです

まずは気軽に初めてみては如何ですか