オリオン人リゲルについて

平和の使い、そして導き



まず初めに説明しなければいけないのが
何故私が「堕天使ルシファー」を名乗っているか

皆は堕天使と聞いて思い浮かぶのは「悪魔」ではないだろうか
サタン、デビル、そして「ルシファー」

彼の「前」の名は「ルシフェル」
そう、天使だった。
ゼウスに反乱し、天使の「3分の1」を仲間にし立ち向かった
そしてゼウスに負け、地獄に落とされ「堕天使」とされた

簡単な説明ではあるが、この様な経緯が存在する

発想の転換

これを読んでいる方に問いたい
頭を1度リセットして欲しい

・全能の神「ゼウス」は《罪人にいかずち》を振り下ろす
・ポセイドンは「津波と地震」で人々を飲み込む
・人間を作ったのは神「ゼウス」ならば罪人を作ったのも「神」
・自分が作り出した者を自分で裁く
・全知全能なら、完璧な人間を作れた。

これだけを頭に入れたらどうだろうか
リセットした頭の中はどの様に示されるか
あまり多くはここでは語れない。それは宗教問題にもなるから
先にも述べているが「平和」の使いだ。

またこれにもう1つ足してみよう

《天使の3分の1がルシフェルの味方についた》

何故?みなの知る素晴らしき天使達
なぜルシフェルに賛同し、見方についた。素晴らしき天使達が

申し訳ないが、ここで終わらせて頂く
後の考えはそれぞれでして欲しい。

オリオン人について

オリオン人は多数存在する
ここにいる皆さんの有名所では「バシャール」ではないだろうか
ダリル・アンカ氏がコンタクトを取っている「彼等」だ
バシャールもオリオン座から来ている「エササニ」と言う星だ

他にも有名なのでは「M78」そして「三ツ星」

もちろん、オリオン座は横に並んでいる訳でもない
前後で何百後年も離れている。
まあ難しい話はなしとして

私のコンタクトを取っている「リゲル」について

作り話の妄想として聞いて構わない

最初に述べるが、別に信用して欲しいなんて少しも思わない
ただ聞きたい人だけ聞けば良い。それだけ

オリオン座の右下に青く光る星「リゲル」
彼等はココに存在する
星の名前は「リゲル」ではなく「マーズ」と語っている
そして、名前は「メルディー」
もちろん、マーズは火星の意味ではない。

彼等の特徴として「翼」が生えている
体は巨星にふさわしく「かなりの巨人」だ
そして、1番に感じるのが「愛」

とても有効で、愛を全身に放っている
人類をここまで導いて来たのも、彼等メルディーだ

私は3才の頃にはじめて「接触」して
それから不思議な運命を感じ取ってきた
別にコンタクティーではない。ダリル・アンカ氏みたいに話されば良いのだが
いつも「一方通行」で、こちらの問いには答えない

ただ「堕天使ルシファー」として生きる事を授けられた

酷い話だ。私は普通に生き、普通に人生を全うしたかった
意味の無い「宿命」なんてくだらない。そう感じて生きてきた